プロミスで借りたらどうなるの?借りた後が気になる。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

プロミスのカードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融プロミスですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融プロミスの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

人気が高い金融機関の理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

カードローンの仕組みを紹介します。

プロミスのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるプロミスのキャッシングローンです。

引用:http://www.roxbytes.com/promise/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%80%9F%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%89.html

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融プロミス各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融プロミス業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融プロミスは貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやプロミスのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。