保険ライフの口コミはどう?営業時間は何時から何時まで?

料金0円で保険相談をしてもらったとき、いるいらないの判断ははっきり言えば良いのですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたりこちらに合わせた資料をたくさん用意してくれていたりすると、提案内容に不満が残ったときに少し困りますね。

お金のことですし、まず即決するというのはあり得ないことと思います。

断り方としては例えば、決めたら連絡するので連絡はいらない旨をきちんと伝えましょう。

しつこい場合には専用サポートを利用するという方法もあります。

インターネットでさっと検索をすれば、世の中には多くの保険無料相談会社があります。

その激戦に勝つために、キャンペーンを行っている会社もあります。

気になるその内容はといいますと、多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。

もらえる額はそれぞれ異なりますが、2000円から7000円くらいが多いようです。

人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。

こんなサービスも考慮に入れれば諸々のわずらわしさも気にならないかもしれません。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

「保険会社向けの総合的な監督指針」を保険業法第300条に対して策定しています。

そのため相談者に「特別な利益」の提供として換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている保険の相談会社はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当たらないとしています。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

例えば、ショッピングをしていて商品を勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じてしまう人がいます。

そういう方の中には、勇気を出して保険無料相談をしたときに新しい保険を勧められ、きっぱりと断れなくそのまま契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど色々なトラブルの報告がされています。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば問題ないです。

保険は一生のうち、家の次に高い買い物と言われており、本当に相談者目線に立ってくれるFPなら強引に引き止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないと考えて良いので担当者を変えてもらいましょう。

インターネット上には、たくさんの保険無料相談会社のクチコミがあります。

それは多くの人がこのままで良いものか心配している表れでもあり、できればプロに話を聞いてみたいと思っているのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

中でもこちらを訪問してくれるタイプの評判が気になるところですが、大切なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、そしてこちらの理想や希望を聞く姿勢でしょう。

面談する会社を探すときは、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。

保険の無料相談なら保険ライフがおすすめです。

一般的な会社であれば無理な勧誘は禁じていますし、担当FPさんとの相性が良くない場合は変更するといったような安心・便利なサポートがあります。

一回だけの面談で契約まで至ることはほとんどないようなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨を伝えておくというのもひとつの方法です。

その提案に自信があるFPさんならその辺りのスピード感も理解しているでしょうから、受け入れてくれるでしょう。

世の中には無料なのに続けられているサービスがあります。

そこには何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険を相談者が契約することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

相談者に契約してもらわないとお金は発生しないので、相談者に対して無理な保障を案内することはほとんどないと考えていいはずです。

相談自体は無料なので、今の保障内容を忘れてしまったという方も安心して活用してください。

通常、良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうと聞きます。

保障内容の確認や契約状況の見直しをしてくれる保険無料相談サービスではそういった評判はどうなのでしょうか。

口コミサイトを参考にすると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

子供のために貯金はしたい!でも家計はギリギリという方はどの部分の支出を削りましょうか。

お子さんのいる家庭の場合では食費はできればそのままにしたいですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

CMなどでよく見る保険無料相談サービスを利用した人のブログによると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも信頼できるような担当者に当たるまで相談するのもいいかもです。

保険を考える時期といわれるライフイベントがあります。

例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

すでに保険を契約している人でも年収や支出などが加入当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、ライフプランや希望に合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。

相談をした結果、内容はほとんど同じなのに保険料が半分になったという話もあります。

相談だけで新しい保険へ乗り換えをしなくてもOKなので気楽に利用してみてください。

一時期、いろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘合戦では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされるようなことすらありました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

この1、2年はそういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券のプレゼントを行うキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、保険相談業界ではお米や牛肉などの換金性の低い換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

Tポイントやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

高額ポイントの付与キャンペーンをしているサービス名が聞いたことのないものばかりで本当にポイントがもらえるかわからないですよね。

多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談予定がなかなか合わないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという目的で申し込むのはやめましょう。

テレビで保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、相談者に提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

車の買取や引っ越しなど様々な場面で見積もりを取りますよね。

見積もり後に頻繁に電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが好きな人は楽しいと言いますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスを利用する場合は、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPと提携解消を行うサービスもあるほどしっかりと勧誘に際して対策を考えています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールという制度があり、電話一本で勧誘のストップや担当者を変更することもできます。

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容を十分に理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、今のライフプラン、将来の希望に合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり別の保険に変えることで保険料負担が減ることもあります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っているサービスもあります。

参考:保険ライフの評判は悪い?無料相談の体験談をレポートします

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは想像よりずっと簡単ではないと思います。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

重要なポイントに絞って作られていることも多いので、優先事項を整理しながら選ぶことができます。

よく名前が挙げられる会社でも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

自宅で保険についての話合ができたら便利ですが、一方で提案が不十分だと感じたらうまく断れるのか?ということはあるでしょう。

普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当者の変更を聞いてくれたりするなどといったサポートを用意してくれています。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、はじめに相談だけのつもりでいることをはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

経験を積んだ実力のあるFPさんなら即決して欲しがることもないでしょうし、問題ないと思います。

無料で保険の話し合いができる機会を得ることができたなら、その貴重な時間を大切に活用したいところです。

どんな点に注意して見直しをするのかというと、今現在ある保証や月々の支払額のバランスはとれているか?加えてそれらが自分のライフスタイルに沿ったものかどうか?です。

面談までの下準備に自身のライフスタイルを明確にし、健康診断などを受けたならその結果も準備しておきましょう。

そうすることでより具体的な提案をしてもらいやすくなります。

また最終的にどこでお願いするかというのはとても重要なので、選ぶ際もきちんと調べましょう。

豪華な景品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをインターネット上で見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、疑問解消後のアンケート回答などを商品受領の条件にしているサービスが多いです。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が決まるわけではありません。

特に、中小のサービス会社に申し込んだ場合は、大手に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

専門家に保険について相談したいとき、どうすれば良いでしょうか。

FPさんを自宅まで呼ぶ人もいるでしょうし、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、お店に足を運んだことがあるという人もいらっしゃるでしょう。

有名なところではショッピングモールや地下街、駅前など、ちょっと立ち寄るにも便利な場所で営業している場合も多いので、気構えず利用できそうです。

自分一人しかいない家に呼んだり、ファミレスなどでお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、来店タイプで面談してみるのも良いでしょう。

広告を見て保険無料相談を申し込んでみたけれど、いまいち相談者の要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談サービスは大体5000から20000円くらいが値段相場となっているようです。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

無料相談サービス内で実績のあるFPや優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、相談者目線でアドバイスをしてくれます。

また、有料相談を行なっているところは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点も自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

保険相談には自分がお店へ行くタイプと向こうに来てもらうタイプとがあり、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

根拠のない脅しのようなことを言い断りにくいように話の方向を持っていくような人では、その後の対応も心配ですのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

話し合いで失敗しないために、自ら知識を深めるとともに家族などと一緒に面談すると良いでしょう。

例えば、人から何かを強く勧められると断れないという方がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を強引に勧められ、断れずにFPの進めるがままに契約してしまう。

その結果、自分の生活環境に合わない契約内容になっているなどトラブルにつながってしまいます。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的には担当者に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のこのどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生において家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って提案するFPならあまり強く引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないFPと言えます。

毎月の支出額はそれほどでなくても、総合的に大きな額になる保険。

それだけに保障内容や月額などの見直しはとても重要です。

体験談などからわかるトラブルは予め認識して、慌てないようにすることが大切です。

やはり心配されるのが強引な勧誘ではないでしょうか。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして十分に理解できていないのに契約に進まされるといった感じでしょうか。

こちらの希望ははっきりと伝え不安を感じたら時間をおきましょう。

普通なら担当FPさんを交代することも可能なので、調べておきましょう。

自分でしっかり考えて判断し、無理解のまま流されることのないようにしましょう。

初めてのサービスや気になるものを買うときにみなさんどうしていますか?最初にネットで調べる人は多いと思います。

保険の見直しをしようと思い調べていたところ保険相談無料ドットコムというサイトを見つけました。

よく街中にある店舗型のサービスとは違いこちらの都合のいい時間に自宅やカフェなど好きな場所で面談をしてくれるようです。

様々なことを確認するので落ち着いて話ができる自宅で相談を行う方が多いようです。

また、強制的な勧誘やFP本位の提案をしないのはもちろん、保障内容の確認だけでもいいみたいなので安心ですね。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというような経験や体験談を聞いたことはありますか。

中には、保険相談時に虚偽説明や説明不足な状態で条件に合わない保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら子供の頃の治療歴を告知されていないとして義務違反で保障を利用しても保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時にどうしたらいいのか知識がないとわからないですよね。

保険は人生の中で家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルの解決が得意な弁護士もいるようです。

こういった問題が起きた時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

たくさんの保険相談請負会社がある中で一番良いのはどこなのかわからなくなるかもしれません。

選択する際に特に注目するべきである見極めに大切な点を少し調べてみました。

最重要なのは、FPさんの質が高いというところでしょう。

それから現実に万が一トラブルになった場合にフォローする仕組みがきちんとあるところが良いと思います。

さらに取扱商品数が多いというのも提案の幅が広がりますので良いと思います。

契約後のフォローがあるかどうかも確認しておきましょう。

営利企業なのになぜか無料で続けられているサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社は各保険会社からの契約手数料が主な収益となっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

相談者に契約してもらわないとお金は発生しないので、相談者に対して無理な保障を案内することはまず、起きないと考えてもいいです。

相談自体は無料なので、今の保障内容を忘れてしまったという方も安心して活用してください。

毎月の出費を低く抑えたい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直して低くできるかもしれません。

最近、様々なメディアで耳にする保険無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら強制的に契約しなきゃいけなさそうで行きにくい。

という風に思ってしまう方もいると思います。

でも安心してください、知識がなくても加入中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

インターネットでさっと検索をすれば、無料で保険の相談に乗ってくれる会社が山ほどあります。

その中で少しでも顧客を獲得しようと、キャンペーンをしているところもあります。

気になったので内容を調べてみますと、現金がもらえるものもあるそうですが、主に商品券のようです。

金額的にはばらばらでしたが、2000円から7000円くらいが多いようです。

人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。

このような会社を選ぶことによって多少面倒があったとしても我慢できそうです。

保険の無料相談なら保険ライフがおすすめです。